結婚式を執り行うにしても日本人なら費用がかかる神前式を選択します。

HOME>アーカイブ>神社での結婚式となるため費用は不明瞭になりやすい

斎主への確認

和婚

神前式を執り行うにしても気をつけたいことが多々ありますが、もしも何一つ知らないのであれば、ブライダルプランナーに相談しておけば安心できます。例えば、本来、神前式では指輪の交換は行われません。しかし、ブライダル業界も変遷しており、多種多様なスタイルで結婚式が執り行われているのも事実です。最近では、三献の儀や誓詞奏上のあとなど、プログラムのどこかに組み込むことができる話しですが、斎主に事前に相談しましょう。ちなみに、誓詞は式場に用意されていますが、新郎と新婦で作成しても問題ありません。しかし、やはり神様への報告の意味もあるため、慣わし(習わし)に則るのがマナー・ルールです。

式場の費用をチェック

新郎新婦

最初に決めるのは、挙式と披露宴をどのようなスタイルで行うかでしょう。挙式は大まかに、神前式だけでなく、キリスト教式・仏前式・人前式があります。費用は、わりかし挙式より披露宴にかかりますが、挙式会場にも費用が発生します。キリスト教式では教会での挙式で、寄付とした式場費用が発生します。相場は有って無いようなものですが、信者であれば5万円ほどの費用だといいます。ちなみに、神前式であれば神社での挙式となりますが、神社の規模、あるいは知名度や歴史的建造物であるのなら、それなりの式場の費用が発生します。もっともリーズナブルなのはブライダルホテル内に併設されているチャペルです。

身につける物が多い

花嫁

披露宴会場を別に設けるのが一般的となる神前式ですが、結婚式のプログラムにおいて、一般的な挙式と金額に差は出るのでしょうか。金額がハッキリしているのが新郎新婦の衣装です。人前式やキリスト教式では純白のウエディングドレスとタキシードでの式が執り行われます。しかし、神前式では白無垢に五つ紋付き羽織袴です。ウエディングドレスは、オートクチュールでなければ数万円台で手に入ります。しかし、白無垢となる和装は品質重視であり、中古品などを身につけるのは避けられています。レンタルするにしても和装小物を含めて身につける物が多く、それだけ費用は割高ですが、一生に一度着用できる機会となる着物にこそ価値があるようです。

広告募集中