予算を抑えながら、憧れの神前式を執り行うためのポイントを紹介します

花嫁

古式ゆかしい結婚式

日本の伝統と言われている和婚というのは、明治時代に皇族が初めて神前式を行ったことから、庶民の間で広まり、現在の形に落ち着いたと言われています。和婚の人気は以前よりも高まっていて、日本人のみならずインバウンド需要も見込めるようになりました。それにより、以前に比べて和婚に対する注目も高くなってきているようです。さて、神前式が人気の理由は、古式ゆかしい結婚式ということから、どの年齢層にも評判が良いという点にあります。特に、親族で高齢者の参列者がいる場合は、やはりチャペルでの結婚式よりも神社での挙式を評価する傾向が強いです。そのため、神前式を行うことによって家格を上げることにもつながると考えられていて、由緒ある家柄の人の場合は洋式の結婚式よりも和婚を好む傾向が依然として強いとされています。また、神前式では儀式として神様の前で結婚の誓いを建てることから、チャペルよりも格式が高くなります。伝統的な衣装に身を包み、由緒ある神社でのお式というのは畏まっていて、日本人らしさを感じることができることから、日本人のみならず、外国人があえて日本の神社で結婚式を上げるというケースも増えていると言われているのです。

費用を抑えるためのポイント

ただ、チャペルでの結婚式に比べて挙式費用がどうしても高額になると言われているのが神前式です。予算が許せば和婚をしたかったという新郎新婦は多く、予算の面で妥協した結果、洋式の結婚式を挙げることになったという人も少なくないのが現状です。しかし、費用が高額だと言われる神前式ではあるものの、工夫をすることによって予算を抑制することは可能です。例えば、神前式にかかる費用の大半を占めるのは、衣装代と挙式費用です。衣装代というのは、自分の好みに合わせて選んでいると予算は際限なく増えていきます。そこで、妥協できるところは妥協をし、予算重視で衣装を選ぶようにすることです。最近では、文金高島田を選ばず、地毛でできるヘアアレンジを選択することで、費用をかなり抑えられることが周知されるようになりました。さらに、神前式では儀式や演出を必要最小限に抑えることができます。ウエディングプランナーは良かれと考えて様々な演出を加えます。しかし、それによって費用が倍増することから、抑えられるところはコストカットし、重要な儀式だけ残すようにすれば、増える予算を抑制することも可能となります。

広告募集中